クラスメソッド > 事例 > モバイルアプリケーション開発 > 「高速バス比較」Android版アプリ

 

 

「高速バス比較」Android版アプリ

株式会社LCL様とクラスメソッドは、LCL様が運営する高速・夜行バス情報サイト「夜行バス比較なび」がプロデュースした高速バス情報比較アプリ「高速バス比較」のAndroid版を開発しました。このアプリでは、掲載数国内最大級の高速バス・夜行バス約2万プランの中からエンドユーザーのニーズに合った便を検索できます。 なお、アプリのインフラストラクチャにはAWSを採用しています。

 

高速バス比較アプリの機能

このアプリでは全国の高速バス・夜行バスの路線最安値を簡単に検索できます。検索条件の保存など、アプリだけの機能もあり、より希望にあった便を見つけることが可能です。

Web / アプリ共通機能

・エリア指定の検索
・予算や設備などの条件絞り込み
・主要路線の最安値表示

アプリ独自機能

・検索条件の保存
・お気に入りの自動更新
・複数プランの比較表示

開発プロセスをアジャイルに!短納期におけるスクラム開発

約1ヵ月の開発期間でビジネス要件を満たす必要性とアプリ品質の両輪に主眼を置きプロジェクト運営を行いました。そのためには、お客様を含めた一体感の醸成と、チーム全体の待ち時間を少なくする工夫が必要でした。そこで、今回はチーム全体で機能ごとの実装・テストを行うスクラム開発を選択しました。

1. スコープと開発期間

プロジェクトはキックオフ時には想定が困難な事象が必ず起きるものです。今回はリリース日を優先事項と設定し、スコープを調整し、開発期間にフェーズを設けることで調整を行いました。

2. 常に情報公開、常に成果物

タスク状態はオンライン上のカンバンで管理し、常にお客様含めたチーム全体に見える状態にしていました。ウォーターフォール開発とは異なり、スプリントごとの成果物を随時お客様にてテスト実施いただくことができました。それにより、成果物ベースでの意思疎通による具体的な意識合わせを行いました。

3. 実績開発速度による進捗予測

毎週社内でスプリントを回し、機能の重みごとの実装速度を計測することで、実績ベースの開発速度がわかります。それをもとに進捗予測を行い、精度が高い実装の見通しが立ちます。それを元にスコープ調整を行いました。

今後の展開

今後もLCL様と協力し、利用者目線でユーザがより使いやすいと感じていただけるようなサービス提供のお手伝いを行っていく予定です。

関連する事例

  • MOBILEAPPS

  • MOBILEAPPS

  • MOBILEAPPS

  • MOBILEAPPS

  • MOBILEAPPS

  • MOBILEAPPS

  • MOBILEAPPS

  • MOBILEAPPS